消費者金融からの借金は弁護士に相談すれば解決できる

高金利の消費者金融からの借金は、金額が大きくなるほど自力返済が困難になります。高額の利息を払いきれない、ローンを完済できる見込みがないと感じたときは、弁護士に相談するのが得策です。弁護士は借金の理由に関係なくあらゆるローンの整理をしてくれるでしょう。

面倒な債権者との交渉代行もしてくれるので、債務者の負担はほとんどありません。

消費者金融の借金を返済できないときは弁護士に相談

昔はサラ金と呼ばれていた消費者金融は、銀行と提携する業者が増えています。大手は銀行グループになっているところが多く、銀行に準ずるサービスを提供しています。かつてのグレーゾーン金利は廃止されて、ほとんどの業者は18.0%以内で貸付しているのが特徴です。

20.0%の金利までは利息制限法で認められていますが、20.0%を上限金利とする業者はごく一部です。このように、以前よりも格段に使いやすくなった消費者金融ですが、まだ銀行と比べて高金利になっています。弁護士に借金相談する方の特徴を見ても、消費者金融からの借入を返済できないケースが目立ちます。

消費者金融の取立ては以前ほど厳しくはありませんが、だからと言って優しいものではありません。延滞が継続すれば催促の電話連絡が頻繁にくるようになりますし、一括請求や給料差押えなどの厳しい言葉も出てきます。返済できないときは、まずは消費者金融に対していつまでに返済できるのか伝えておく必要があります。

数日くらいの遅れなら許可してくれることが多く、この場合であればとりあえずは問題ありません。弁護士に相談したい状態とは、いずれ借金返済の計画が破綻する、延滞を解消できる見込みがない、などの状態にあるときです。

多額の借金を抱えているのは古くから借りている人

現在の消費者金融は総量規制により、年収の3分の1までしか借りられません。今現在において多額の借金に悩んでいる方は、総量規制の制定前から借入していたケースが目立ちます。かつては、年収と同額は借りられた時代ですから、年収300万円の方が300万円の借金を背負っているという話が普通にありました。

現在は年収300万円だと100万円までしか借入できませんが、古くから借りていた借金が総量規制の制定に伴って3分の1に減るわけではないのです。例えば、住宅ローンなどは2,000万円以上の借入が当たり前ですが、そもそもキャッシングとは金利がまったく違います。

キャッシングなどの高金利ローンの場合、年収と同額の借入をすると完済は極めて難しいと言われています。

例を挙げると、消費者金融で実質年率12.0%は低金利と言えますが、それでも月に1.0%の金利がつくのです。300万円の借入をしていれば月に利息だけで3万円も発生することになります。

元金を減らすためにはそれ以上の返済が必要になるので、まさしく借金地獄に陥ってしまうでしょう。完済までのシミュレーションをしてみて、数十年もかかるような状態なら弁護士に相談する必要があります。

生活費のための借入は危険

ローンの多くは目的融資であり、自動車・住宅購入などと用途が決まっています。消費者金融のキャッシングが人気の理由は、一部用途を除いて自由に借りられることにあります。生活費調達のために使える数少ないローンであり、実際にキャッシングの利用目的では生活費が最も多いです。

ただ、生活費のための借金と言えば健全に聞こえるかもしれませんが、実際は非常に危険なのです。生活のための資金を借金で補うということは、生活自体が破綻していることを意味します。例えば、毎月2万円が足りないからと消費者金融から調達していれば、1年間で24万円にも膨らみます。

借りたお金には利息がつきますから、生活はますます大変になるでしょう。生活費のために消費者金融から借入すると、返済していくのは極めて難しいと考えてください。まずは、借金をしなくてよいレベルまで家計の見直しをする必要があり、それでも完済できない場合は弁護士に相談しましょう。

弁護士に相談すると債務整理の話が出てくる場合が多いですが、自力返済できない場合の借金解決法は債務整理しかないためです。ただし、過払い金が発生している場合は、過払い金の金額によっては借金がすべて消えることがあります。

弁護士は過払い金の有無や金額などの調査もしてくれるので、過去に高金利で借りていた方は相談してみてください。

弁護士に相談すればどんな借金も解決できる

遊び目的で作った借金は弁護士に相談しても解決できないと思うかもしれませんが、自己破産を除いて借金の理由に関係なく整理できます。ギャンブルで作った借金でも任意整理や個人再生なら解決できるのです。自己破産に関しても最近は免責がおりるケースが増えてきており、ギャンブルの借金であってもゼロになるケースが増えてきています。

かつては、遊びで作った借金は自己破産できないと言われていましたが、最近はかなり甘くなっているのです。また、弁護士を通して債務整理をする場合、債権者から怒られる心配はまったくありません。弁護士が代理人として債権者と交渉してくれるので、直接交渉する必要はないのです。

さらに、代行弁済を導入している法律事務所もあり、債務整理後の借金返済を弁護士が代行してくれるのが強みです。債務者が債権者に対して直接返済するのではなく、弁護士に支払いをしてから弁護士が債権者に振り込むという流れになります。

特に、複数社からの借金を債務整理し、返済先が多数ある状態で重宝する方法です。

→返済のめどが立たない借金による督促は弁護士に依頼することで止められる

消費者金融の借金解決でポピュラーな任意整理

任意整理は消費者金融の借金整理に効果的で、なおかつリーズナブルな弁護士費用で解決できるのが特徴です。整理したい業者だけを指定できるので、例えば複数の借入先から返済の厳しい業者に対してだけ債務整理をすることが可能です。

これが個人再生や自己破産の場合では、消費者金融以外から借りているローンも整理しなくてはいけません。自動車ローンや教育ローンなども対象になり、特に困るのは連帯保証人付きのローンです。自分自身は債務整理をすることで借金から逃れられますが、連帯保証人のところに債務が移行されてしまうのです。

任意整理なら連帯保証人付きのローンは除外できるので、周りに迷惑をかけることなく消費者金融の借金を解決できます。特に、任意整理は利息を全額カットする効力があるため、高金利の消費者金融ローンを整理するのにぴったりです。

また、任意整理は過払い金請求と並行されることが多く、過払い金の回収額によっては任意整理をせずに借金がゼロになることもあります。